世界のサラリーマン時給ハウマッチ!日本は30か国中何位?

世界のサラリーマン時給ハウマッチ!日本は30か国中何位?

さて、前回『世界のサラリーマン平均収入ハウマッチ?1位と日本は2倍以上の開き、日本人は働きすぎじゃない』では、以下のようなことが分かった。

  • 日本の年収平均はヨーロッパ勢やアメリカに比べると高くはないが、安くもない。
  • 日本人は働きすぎッていうけど、全然そんなことない。
  • 財政破綻したギリシャより労働時間は働いていないやんけー!

ということで、少しモンモンとしたが、よくよく考えてみると以下のようにも思う。

  • そもそもデータとなっている母集団が国民のうちの何%なのかわからない
  • 会社員の割合が少ない国なら、その国の平均としてみるのは少しおかしい

よって、データをすべてうのみにするわけではないのだが、ちょっとおもしろいのでもう少し突っ込んでみてみたいと思う。

日本のサラリーマン平均時給はいくらか?

それでは早速データを見てみよう。

データの出所は、『世界のサラリーマン平均収入ハウマッチ?1位と日本は2倍以上の開き、日本人は働きすぎじゃない』で公開した、世界のサラリーマン平均年収を平均労働時間で割って、1時間あたりの時給に換算しました。

また、平均年収の順位と、平均労働時間の順位を並べましたので、比較してみても面白いと思います。

時給順位 年収順位 国名 収入(万円) 労働(h) 時給(円)
1 1 スイス 1140 1619 7041
2 2 ノルウェー 978 1418 6897
3 3 ルクセンブルク 955 1509 6328
4 4 デンマーク 888 1430 6209
5 6 アイルランド 815 1529 5330
6 7 オランダ 727 1384 5252
7 5 オーストラリア 841 1685 4991
8 9 ベルギー 681 1572 4332
9 15 ドイツ 582 1393 4178
10 11 スウェーデン 663 1621 4090
11 14 オーストリア 637 1576 4041
12 10 カナダ 678 1711 3962
13 12 イギリス 652 1654 3941
14 16 フランス 575 1479 3887
15 13 フィンランド 646 1679 3847
16 8 米国 686 1790 3832
17 17 イタリア 458 1752 2614
18 18 日本 456 1745 2613
19 20 スペイン 428 1666 2569
20 22 スロベニア 350 1537 2277
21 19 イスラエル 433 1928 2245
22 21 韓国 379 2163 1752
23 24 ポルトガル 250 1691 1478
24 23 ギリシャ 293 2034 1440
25 25 エストニア 212 1889 1122
26 26 スロバキア 195 1785 1092
27 27 チェコ 179 1784 1003
28 28 ポーランド 170 1929 881
29 29 ハンガリー 160 1886 848
30 30 メキシコ 112 2226 503

日本は平均年収順位と同位である。結果としては、18位/30か国中となった。

ざっと眺めると、他の国もだいたいではあるが、平均年収の順位と平均時給順位は似たり寄ったり。

つまり、以下のようなことが分かる。

  • 人が労働可能な時間には限りがあるから、その中で生活を送っていると労働にさける時間はしょせん大差はない
  • 他の国と比較して相対的に年収の高い国の方が時給も高い

まあ2番目は当たり前ですが。。。

効率的に稼いでいる国と効率があまりよくない国

日本の平均時給は世界で何位なの?

年収は抜群に高いけど労働時間がやけに長い仕事と、年収はまあまあだけど労働時間もそこそこで余裕のある仕事は、あなたならどちらがいいだろうか?

人それぞれだが、先ほどのランキングを見ていると、いくつかの国で平均年収順位と平均時給順位の逆転現象が起きていた。

先ほど、年収が高いほど時給も高い傾向にあるということが分かったが、年収が高くても時間もたくさん働いている国があるということだ。

平均年収の順位よりも平均時給順位の方が明らかに高かった国としては、ドイツ(年収:15位/時給:9位)。それとは反対に、平均年収の順位よりも、平均時給の方が明らかに低かった国は、アメリカ(年収8位、時給14位)であった。

それでもアメリカは年収ベースでいえばかなり高い方ではある。

日米の時給差はなんだろう?

ここで、日米だけに注目してみたい。平均年収と平均時給については以下の通りだ。

  • 日本・・・年収平均456万円、時給平均2613円。
  • アメリカ・・・年収平均686万円、時給平均3832円。

さらにここでビッグマック指数を思い出してみる。

ビッグマックの品質は、各国でほぼ同じであることから、その価値も似ているであろう。よって価格は物価水準に連動した値段となっているはずだ。

っていう感じの考え方で、為替の方向感とか、ものの価値としての判断、その国の物価水準なんかを予想できるんじゃないか?っていうわけです。

だが、実際には全く異なる環境や条件の下で同じ商品を販売しているのだから、価格設定は物価水準と同じ程度には比較材料にならないよ、というのはちょっと前の記事で書いた通りだ。(詳しくは『世界のビッグマック値段はいくらか?ビッグマック指数なんかで比較しなくても日本は物価が安いよね』を見てほしい。)

日米の平均時給とビッグマック指数の関係を考える
StockSnap / Pixabay

イギリスのエコノミストが公表している2017年のビッグマック指数データによれば、アメリカのビッグマックは5.3ドル、日本は380円だ。

よって、ビッグマック指数としては 380÷5.3で1ドル約71円。

となると、現在の1ドル=約112円というのとは大幅に乖離してしまっている。実にビッグマック指数の1.57倍だ。

では、平均時給で見てみると、アメリカ時給3832円÷1.57=2440円。ちょっと日本の平均時給2613円に近付いた。

実査には、平均年収だけみても豊かさは分からないし、税制や社会保障制度も異なるので単純な比較はできないが、特定の国どうして比較する場合には、ビッグマック指数も少し参考になるのかもしれない。

※筆者が勝手に想像しただけで、経済とかきちんと理解している人は「は?」という話かもしれないけど、ご容赦いただきたいです。